もっとまちにときめきを。株式会社まちづくりとやまは”富山の街を元気にする”会社です。

もっとまちにときめきを。株式会社まちづくりとやまは”富山の街を元気にする”会社です。

まちなかライフプロジェクト

まちなかライフプロジェクト第2弾「ミレーの夕べ」レポート!

11/8、15に「ミレーの夕べ」を開催しました!イベントレポートはこちらから!

イベント概要

まちなかで本物の芸術に触れることのできる美術館があるのをご存知ですか?
そうです、中央通りにある「ギャルリ・ミレー」です。

まちなかにありながら、優雅で落ち着いた空間を演出しているこの美術館は、おかげさまで富山市のみなさまをはじめとして、県内外のお客様に大変ご好評をいただいております。まさにまちなかの知のオアシス。

今回は、このまちなかで「いつでも容易に本物の芸術に触れることのできる生活がある」ことの上質さ、贅沢さを紹介するため、まちなかライフプロジェクト第2弾「ミレーの夕べ」を企画し、11月8日(土)、15日(土)に実施しました。
両日併せ、おかげさまで30名の方に参加いただき、非日常の贅沢体験を行っていただきました。今日は「ミレーの夕べ」のレポートです!

100243_02.jpg

夜17:00。
これが中央通り「ギャルリ・ミレー」の佇まい。なんだかオーラがありますよね。
通常は一般入場料は200円。営業時間は10:00~17:00です。
なので一般向けの開館は終わっているわけですね。
今日はこの中で極上の贅沢イベントが行われます。

100243_03.jpg

重そうな扉の上にはかの巨匠ジャン=フランソワ・ミレーの肖像が。
見るからにジェントルマンでちょい悪な方ですね。
いい声で「いらっしゃいませ。」と言ってくれます(言ってくれませんがそんな感じがします)。

100243_04.jpg

本日の参加者の方を前に、弊社第一事業部長山形よりご挨拶です。今回の企画の立役者です。
まちなか小町からもご挨拶。小町を結構知ってくださっている方もおられました。

「ミレーの夕べ」のプログラムはざっとこんな感じです。

 1)最高のシャンパーニュとオードブルで楽しく歓談
 2)ミレーをはじめとする、ギャラリー所蔵の作品の鑑賞
 3)フルートとクラッシックギターによる生演奏の鑑賞

美術館とはご存じのとおり、絵を鑑賞するところです。
なかなか食事や音楽鑑賞はできませんよね。ただ、本物の絵と食事と、音楽が融合すると、最高の贅沢が生まれると思います!
ギャルリ・ミレー様には大変ご無理を申し上げて、今回この企画が実現しました。

100243_08.jpg

こちらがギャルリ・ミレーの滝川さんです。
大変お綺麗な方で、かつ絵のご説明も非常にわかりやすく行ってくださる方です。
いつもおられる方なので、会いたい方はギャルリ・ミレーにどうぞ。

100243_05.jpg

何事をするにもまずは腹ごしらえが必要です。輝くシャンパーニュ。

100243_06.jpg

極上のオードブルにエビもVサイン。めでたいです。

100243_07.jpg

スイーツ類。芸術的ですね。

100243_09.jpg

みなさん自由にお食事を楽しむ時間です。
「美術館で食事するって贅沢だねー」と言っておられた方もおられました。

100243_10.jpg

楽しくお食事したあとはいよいよ所蔵品の鑑賞です。
中心市街地の賑わい創出と芸術文化の振興を目的に開設されたこの美術館には、ミレーの作品を中心に、コロー、ドービニー、デュプレなどバルビゾン派の作品や写実主義の先駆者クールベの作品など53 点を収蔵しています。

滝川さんの解説を聞きながら名画を鑑賞していると、私のような芸術に疎い人間でも非常に納得してしまいます。歴史的背景や、絵のテクニック、作者の性格や人間性などで本当に絵ってたくさんの表情を見せてくれるんですね。
少し賢くなった気がします。

100243_11.jpg

展示はこんな感じでされています。薄暗い空間にぼんやりと現れる絵画たち。
「無言の○○」とはよく言いますが、静かに観るものを圧倒します。
まちなかにこんな上質な空間があるんですね。

小さな美術館ですが、無限の広がりがあるようだなあと、少し賢くなった私は思いました。

100243_12.jpg

こういう大きな絵もあります。

100243_13.jpg

そして静かに絵を鑑賞したあとは、いよいよフルートとクラッシックギターによる生演奏です。

絵と音楽。「芸術」という共通項に結ばれたこの二つが同じ空間にあることはなかなかありません。ですが、こんなにも、こんなにも互いがマッチするものでしょうか!
本物の名画のある美術館に、本物の音楽が響き渡る、こんな贅沢はほかにありません。
言葉にならないほどでした。。

またギターの方のトークが面白いのです。

100243_14.jpg

音楽に酔いしれておられる参加者のみなさま。
いい時間が流れます。

100243_15.jpg
100243_16.jpg

非常に名残惜しいですが、お開きの時間となりました。
お帰りの時にはまちなか小町からおみやげをプレゼントです。

今回のまちなかライフプロジェクトでは、まちなかで気軽に芸術に触ることのできる生活をご紹介しました。通常は音楽や食事はありませんが、ギャルリ・ミレーは本当に気軽に本物の芸術文化に親しむことができます。
また、まちなかには他にも個人のアート作品やガラスの造形物など、芸術文化に触れる機会がいっぱいです。

ぜひ、少し心に落ち着きを取り戻したいとき、仕事で嫌なことがあったとき、これからの人生を考えたいとき、まちなかのアートな暮らしを取り入れてみてはいかがでしょうか。

これからも、まちなかライフプロジェクトの取り組みにご期待ください!

100243_17.jpg

お問い合わせ

株式会社まちづくりとやま  TEL:076-495-5900

 

  • タイル切り替え
  • カテゴリ切り替え
  • マップ
  • 大
  • 中
  • 小
Top